日本経済新聞・日経産業新聞・日経MJ・日経ヴェリタス、東京新聞、毎日新聞のNSN麻布十番

スパークプラグは消耗品です。 プラグメーカーNGKによると二輪車の一般プラグ・白金プラグ・イリジウムプラグの交換距離の目安は3,000~5,000kmのようです
8mmボルト2本とプラスネジ(ワッシャ・カラーがついていますなくさないように)を外してカバーを取り外します。これだけでも作業はできますがスパークプラグに手が届きにくいなどやりにくかったらサイドカバーやフロアーカバーも外します・・・。
カバーを外してプラグコードが見えたらプラグキャップをまっすぐ引っ張って引き抜きます(コードは引っ張らないでください)
スパークプラグの頭が見えるはずです。
3ヶ所のボルトネジを外してカバーを外します
3ヶ所を外します
プラグキャップを引き抜きます
プラグキャップを引き抜きます
スパークプラグの頭が見えます
プラグの頭が見えます
プラグレンチ(16mm)を使って反時計回り(左回り)で取り外します
もしきつくて回せない場合は浸透潤滑スプレーをプラグの根元にスプレーしてしばらくしてから外します。無理して無理やり回すとプラグが割れてエンジンを分解するはめになりますのでご注意・・・実体験(T_T)
スパークプラグを抜いたあとのプラグホールからエンジンシリンダー内にゴミ等が入ってしまわないように気をつけてください
プラグレンチ
プラグレンチ
マグネット・プラグソケット、エクステンションバー、ラチェット
マグネット・プラグソケット、エクステンションバー、ラチェット
ギアのプラグは奥まった位置にあるのでラチェットにエクステンションバーをつけてからマグネット・プラグソケットを付けるのが力もかけやすく交換が楽にできます
またエクステンションバーをつけて長くすると余計なバイクカバーを外さなくても作業ができますのでおすすめです
        
ラチェットを使ってプラグを外します
反時計回り(左回り)で取り外します
撮影の為サイドカバーを外していますが外さなくても作業できます
外したプラグと新品のプラグ
外したプラグと新品のプラグ
プラグホールからゴミなどを落とさないように注意
プラグホールからゴミなどを落とさないように注意します
純正適合プラグは
UA06J:CR8E
UA07J,UA08J:CR7E

ねじ径:10mm 六角対辺:16mm ねじ長さ19.0mm 熱価 :7または8
7と8の番号は熱価で番号が小さいほど焼け型に大きいほど冷え型
http://www.ngk-sparkplugs.jp/products/sparkplugs/basic/index.html
体感では違いはわからないようなので・・・・CR7Eでいいと思います
スパークプラグギャップは0.7~0.8mm。
プラグ CR7E
プラグ CR7E
プラグホールからゴミなどを落とさないように注意
※撮影の為サイドカバーを外しています
スパークプラグを取り付けるときは時計回りに必ず手(指先)で取り付けます
手でいっぱいに締め付けてから規定トルク(13Nm、1.3kg・m ヤマハ ギアの場合)で締め付けます
トルクレンチがない場合は手でいっぱいに締め付けてからスパークプラグが新品の場合はプラグレンチでさらに90°(1/4回転)締め付けますスパークプラグを再使用の場合は30°(1/12回転)締め付けます
ただ・・ギアの場合はプラグホールが奥にありますので指先でいっぱいに締めるのはむづかしいときはプラグレンチに力を入れないようにして軽く回してはめ込みますただその場合でもネジ山を傷めないために最初は指先を使って回して入れて斜めに入っていない(引っかかりなく回る)ことを確認してからレンチを使います
規定トルクで締め付けてからプラグキャップをまっすぐにしっかり差し込みます
テストにエンジンを掛けて問題がなければカバーをもとに戻して終了です