日本経済新聞・日経産業新聞・日経MJ・日経ヴェリタス、東京新聞、毎日新聞のNSN麻布十番

NSNクローバープロジェクト NSNクローバープロジェクト
「あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。」
「SDD」 STOP ! DRUNK DRIVING PROJECT
1人でも多くの方に、賛同していただくことで、この世の中から、飲酒運転をなくそうというプロジェクトです。
「あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。」
このプロジェクトを通じて、すべての方々に、 飲酒運転など言語道断であることを自覚していただくことが、ステップの第一歩。
そして、自分が飲酒運転しないだけでなく、家族や友だちといった、自分のまわりの人たちにも、 このプロジェクトをご紹介いただき、賛同してくださる仲間を増やしていってほしいのです
どんな小さなことでもかまいません。 まずあなたが、SDDプロジェクトメンバーとして、できることをしてみてください。 その1つ1つの行動が、SDDの大切な活動です。
SSDとは・・
2007年、大阪のラジオ局であるFM OSAKAが、音楽を通じて「飲酒運転による重大事故絶滅の啓発」を図る「STOP ! DRUNK DRIVING PROJECT」を発足させました。 以後、FM OSAKAの放送を中心に、大規模な野外広告や10,000人規模のオムニバスライブイベントなどを開催。「あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。」をコンセプトに飲酒運転の先にある悲劇について考え、行動するきっかけを作っていただくことを目指しています。
http://fmosaka.net/sdd
気の緩みや甘えによってもたられる飲酒運転。繰り返される悲しい交通事故のニュースに、誰もが胸を痛めているはずです。 理不尽な理由で大切な命を落とすことがないように、また運転者の人生を台無しにしないためにも、NSNでは飲酒運転防止活動への協力として「飲酒運転させません」のキャンペーンポスターやチラシ、ステッカーなどの配布を行なっていきます。
また、東京都内のNSNスタッフ約2,000人がSDDのワッペンの付いたスタッフ・ジャンパーを着て日々の業務を行なうことで、飲酒運転撲滅の啓発につながるよう活動しています。 SSD・10,000人規模のオムニバスライブイベント 主旨に賛同した多くのアーティストが参加する10,000人規模のオムニバスライブイベントが開催されました。

もう一度、飲酒のマナー、 運転のルールについて、 みんなで一緒に考えましょう

ニュースサービス日経 麻布十番
日本経済新聞・東京新聞・毎日新聞

〒106-0045 東京都港区麻布十番1-8-4
TEL:03-3582-4013 フリーダイヤル:0120-211-715
FAX:03-3585-9313

PAGE TOP

© 2004 NSN麻布十番
ニュースサービス日経ロゴ